写真の歴史は

フランスから始まった写真の歴史

現代に続く近代科学がヨーロッパから発展したように、写真撮影の技術はフランスから始まりました。当時のカメラは現代のように小型化されたものではなく、撮影そのものにも長い時間が必要になる、大変手間なものでした。 こうした写真技術は長足の進歩を遂げ、江戸時代の1848年には日本に渡ってきた事が分かっています。島津斉彬や近藤勇など、現在私達がドラマや小説で知る数々の歴史的人物が写真撮影で自分の姿を残しています。 明治時代には今で言うフォトスタジオも設立され、写真技術は私達にとってあっと言う間に身近なものとなりました。 近年のフォトスタジオはお見合い写真だけでなく、ブライダル写真やペットとの写真など多様なシーンで利用されています。

プロに近づくフォトスタジオ

近年のフォトスタジオはこれまで以上に本格志向を強めています。実際のモデルが撮るような写真が私達の身近にあるフォトスタジオで撮影できるようになっているのです。 フォトスタジオに所属しているカメラマンはスタジオごとに異なるのが一般的ですから、撮影できる写真の方向性も変わります。フォトスタジオによっては大変アーティスティックな写真を写してくれる場所もあるのです。 自然光を活かしたカジュアルな写真だけでなく、芸術的な写真を残したい場合、そうしたフォトスタジオを利用しましょう。 フォトスタジオの本格志向は今後も益々促進し、プロユースのメイクアップアーティストを揃えているスタジオなどが生まれるようになるでしょう。

ページのトップへ戻る