就職活動をする

就活写真は証明写真がいいのか

いよいよ、就職活動が始まりました。履歴書で学歴と資格をアピールしても、まず人事担当が目にするのは本人の写真です。 まさに、履歴書の顔が就活写真となります。どんなに経歴が立派で非の打ち所のないような優良な誇れるものであっても、第一印象が悪ければ、残念ながらその後すべてのことにマイナス評価がついて回ります。結局、今ひとつ垢抜けない顔でも将来有望とは思ってくれません。逆に、これほど端正な整った顔なら、経歴よりも今後に活かしてみたい、会って判断したいとなるのが、厳しいようですが他人の判断です。 また、これが海外なら、笑顔で就活写真を決めることや横顔で個性的に決めることもありえますが、日本ではまずありえません。正面からスーツ姿で緊張した表情、これ以上の求められていることはありません。

写真を安上がりにすましてみる

就活写真、というとやはり街の写真館で撮ってもらうことが一番無難になります。 貸しスーツなどのサービスを使い、さらに髪型もスタイリッシュに整えて、最高の就活写真を制作する。確かに、最も正解であることは疑い様がないのですが、ネックなのは就活写真の価格の高さです。店頭の軒先に置いてある証明写真ボックスで自分で撮れば、もう少し安上がりになりますが、ここでおすすめしたいのは、更に安くて便利なコンビニのコピー機での証明写真サービスです。自画像は用意する必要がありますが、今時ではデジタルカメラを持ってない方が少ないと思いますので、容易に用意できます。サイズ指定、美白効果、アップ、中央合わせなどの機能面も文句なく、今後、証明写真等を必要される場合は、まず念頭においてから臨みたいものです。

ページのトップへ戻る